>

ずっと料金は変わらない

メリットとデメリットがある

同じ保険でも自動車保険は、1回申請すると次から保険料が上がってしまいます。
しかし火災保険は、そのようなシステムがありません。
1回申請しても、ずっと同じ保険料で使用できます。
そのため、負担が少ない面がメリットですね。

加入していた方が良いと言われる火災保険ですが、デメリットも存在しています。
災害が起こって火災保険を申請しても、結果がわかるまでにかなり長い時間が掛かります。
保険会社も災害が原因だと認めてから、ようやくリフォームに進めます。
結局リフォームが終わるまでに、2か月から3か月ほどの時間が掛かるケースが一般的です。
少しでも早く申請できるように手順を把握したり、必要な書類を早めに用意したりしましょう。

書類が足りなくならないように

申請する時に、いくつかの書類を提出します。
1枚でも足りないと申請を認められないので、余計な時間が発生してしまいます。
必要な書類は保険金請求書や、リフォームにどのくらいの料金が発生するのかという修理見積書です。
さらに建物登記簿謄本もなければいけないので、用意してください。
そして印鑑証明書や委任状と保険金直接支払指図書、事故内容報告書という書類も必要です。

火災が原因でリフォームするなら、り災証明書という書類も一緒に提出しましょう。
台風などの災害が原因だった場合は、こちらの書類は必要ありません。
種類が多いので、1枚1枚準備しているかきちんと確認しましょう。
また書類に名前などを書き込む時は、丁寧に書いてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る