>

申請する時に必要なもの

一応連絡してみよう

10年ほど経過している住宅は、壁や屋根が壊れるなどのトラブルが起こることが多いです。
ずっとそのような状態の家で暮らすのは危険なので、早めにリフォームを行ってください。
経年劣化が原因でリフォームが必要な場合は、火災保険は適応できません。
しかし業者に調べてもらい、災害が原因だと判断された場合は保険を使えます。

もしかしたら災害が原因かもしれないので、念のため業者にチェックしてもらうことをおすすめします。
この時は保険会社が調査するのではなく、第三者の調査業者が担当してくれます。
少しでも災害が原因で壊れている部分が見つかれば、その部分だけでも保険でリフォームできます。
全体の料金が安くなるので、非常にお得ですね。

写真を撮影しておこう

火災保険を申請する時は、証拠写真が必要です。
どのように住宅が破損しているのか、見ただけでわかるような写真を撮影してください。
しかし素人では、うまく撮れない可能性があります。
また屋根が破損していると、高い位置で撮影しなければいけないので危険性も高まります。
屋根から落ちてケガをすることがないように、慎重に作業を行ってください。

安全に作業できないと感じたり、綺麗に撮影できる技術がなかったりしたら、業者に任せることをおすすめします。
保険会社に、申請する作業を代行してくれる業者が存在します。
業者だったら慣れているので、スムーズに写真を撮って申請してくれるでしょう。
余計な時間が発生しないことも、業者を頼るメリットです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る