火災保険でリフォームできるのか調べてみました

お得に住宅をリフォームしよう

おすすめの保険会社

火災保険という名前ですから、自宅が火事になった時しか使用できないと思っている人が多く見られます。
しかし実際は災害によって住宅が壊れた場合も、火災保険を使ってリフォームできるので忘れないでください。
具体的な例を出すと、台風の影響で屋根の瓦が壊れた場合や、強風で飛んできたものが住宅にぶつかり壊れた場合などが該当します。
ですが保険会社によって、どんな時に適応されるのか異なるので事前に確認しましょう。
できるだけ多くのトラブルの時に、使用できる火災保険に加入することをおすすめします。

年数が経過すれば、住宅は次第に劣化します。
経年劣化かと思いきや、実は自然災害が原因だったということもあるので、リフォームするなら詳しくプロに調べてもらうと良いですね。
また火災保険を申請する時は、証拠の写真が必要です。
住宅のどの部分が壊れているのか、詳しくわかる写真を用意してください。
しかし屋根に登って写真を撮るのは大変ですし、危険が伴います。
不安に感じたら、代理で申請してくれるところに相談しましょう。

火災保険は、基本的に金額が上がりません。
1回保険を使った場合でも上がらないので、ずっと同じ料金で使えます。
そこがメリットですが、申請が終わって実際に工事に進み、全てが完了するまで長い時間が掛かると言われています。
数か月の時間が掛かると覚えておきましょう。
さらに申請する時の書類の数が多いので、準備し忘れないように気を付けてください。

ずっと料金は変わらない

何度火災保険を申請しても、料金は上がりません。 ですから気にしないで、ずっと利用できる面がメリットですね。 しかし、リフォームが完了するまでに時間が掛かるケースが多いです。 また写真以外にも提出する書類があるので、早めに用意することを意識しましょう。

TOPへ戻る